どうも、名古屋を中心に活動しております、群馬出身の似顔絵イラストレーター群馬くんです!

似顔絵を始めたばかりの時って、似せ方はもちろんなんですが、まず道具をどうしたら良いか・・

そこから悩みますよね、そんな方に向けて、この似顔絵講座の道具編で、詳しく解説していきたいと思います。

ということで、本日は前回に引き続き、似顔絵専用の水彩パレットの作り方を解説していきます!

前回はここまで、パレットを改造までしましたね!

今回はいよいよ絵具を配置していきます。

それではスタート!




 

3、水彩絵具のおすすめの種類

水彩絵具には一般的にすぐ買えるもので、3種類くらい?(もっとあるかも)あります。

ぺんてるエフ水彩絵具

これが一番おすすめです!
パレットに乾かした際に、しっかり定着します。
どこでも売ってます。安いので、気軽に買えます!
色がしっかりしていて、マットな塗りです。
ですが、不透明水彩なので、白黒の主線の上に塗ると、線が薄くなってしまい、絵がボケます。
なので、仕上げに主線の黒を重ねる必要が出てきます。
このペンテルの水彩絵具だけでも似顔絵は描けます!

 

ホルベイン透明水彩絵具
ぺんてる同様、パレットに乾かした時に、しっかり定着します。
ちょっと品揃えの良い画材屋さんじゃないと売っていません。
結構高いです。
透明水彩絵具なので、主線の黒が消えない、透き通った色合いです。(白が入っているような色は不透明に近い印象、線が薄くなります)塗り方にもよりますが、しっかりとした色ではなく、透明で鮮やかな発色、という印象です。
色の種類がありすぎて迷います。(結構使ってみないと発色がわからないもの多数、試しに買うにはちょっと高い・・)
透明で、主線が消えづらいので、顔の色に使うと良いです。
顔だけホルベインにして、その他はぺんてるでも良いかもしれません。
僕の家にはいっぱいあるので、無駄にホルベインを使ったりしますが・・
経済面、パフォーマンス面で、ぺんてるは最強だと思います。

セットで買うより、必要な色を選んで買いましょ〜

 

サクラマット水彩

これもぺんてると同じ感じで、どこでも売っています。
発色もぺんてると同じ感じ。
安さも同じくらい。
不透明でマットな発色です。
何が違うかというと、パレットに乾かした時、絵具が割れて、ポロっと取れちゃいます^_^;
なので、出したら使い切るような使い方じゃないとうまくいきません。
なので、これはあまりおすすめしません-_-b

 



ということで、ぺんてる最高!ということです。

ぺんてるを主体に、ホルベインをちょこっと使うスタイルがベストではないかと思います。

でも・・・なんだかんだ言って、プロは高級志向のホルベインに手を出しがちです 笑

透明水彩の方が鮮やかな色合いで、プロっぽいですが、絵具の濃さの調節が難しく、ムラになりやすいので、初心者の方には難しいかもしれません。

その点、不透明水彩のぺんてるは、ムラになりにくいので使い勝手が良いです。

マットな塗りも、それはそれで良いです。

うちにもいっぱいあるので、今回も結構使ってしまいますが、全然ぺんてるで十分です・・

いきなり見栄を張って、お高いホルベインに手を出さなくても良いです 笑

ちょっとうまくなってきた、もしくはお金なんかいくらでもある!という方はホルベインを買いまくって色々と試して見るのも良いですが、

なんだか絵具の解説だけで、かなり長くなってしまいました。

パレット作りは次回に・・・

次回こそはパレットに絵具を配置していきます!

お楽しみに!(^ ^)