どうも!名古屋を拠点に活動しております、イトウデザイン 伊藤高徳(群馬くん)です。

ユーチューブにて、似顔絵やイラストのメイキング動画をアップしています。

今回はアーティストのあいみょんを描いてみました!

正直最近の流行りにはついていけてなくて、知りませんでした(^_^;)

周りの似顔絵師さんがみんな描いていたので、私も頑張って調べて描きました。

似顔絵を描く手順の説明をさせていただきたいと思います。

 

 

 

まずは動画をご覧ください!

 

 

いかがでしょうか!

今回はリアルな厚塗り感のあるタッチで描いてみました!

最近はこの塗りな感じにはまってます。

厚塗りが楽しい今日この頃です

 

 

1、資料集め 顔を分析する




まず絵を描こう!

という時点で大切なのが、資料集めです!

1枚だけ画像探して似顔絵を描くのは絶対NGです。

こんな感じで、写真を集めました↓

 

右下の画像をメインで参考に絵を描きましたが、それだけでなく、いろいろな写真を見比べて、

より本人に近い表情を分析しながら描きます。

似顔絵は資料集めが大切です!

ちゃんと本人を理解してから描きましょう。

 

 

2、下書き

新しいレイヤーにざっくり下書きを描きます。

 




 

2、ペン入れ

 

下書きレイヤーは色を薄くして、下書きレイヤーの上に「ペン入れレイヤー」を作成します。

そして、ペン入れをしていきます!

 

 

綺麗に描きすぎなくてもOKです。最終的には塗りでなんとかなります。

 

 

ペン入れ完了!

ペン入れが完了したら、下にあった「下書きレイヤー」は削除しましょう。

 

3、塗りのベースを作る

 

ペン入れができたら、今度は色ぬりのベースをつくります。

ペン入れレイヤーの「下」に新規で塗り用のレイヤーを作成してください。

そして選択範囲を拾って囲って塗りつぶします。

こんな感じ

 

 

 

4、色分け

できた塗りのベースを色分けしていきます!

こんな感じ

 




 

5、さらに影と光を書き込む

 

本当はこの段階でしっかり塗った方がよかったかもしれませんが、

早く最終的な塗りに入りたくて、とりあえずこれくらいで、仕上げに突入

 

 

6、仕上げの塗り込み!

 

この段階では、ペン入れレイヤーと、塗りレイヤーを1枚に結合して、ひたすら納得のいくように塗り込んでいきます。

油彩ブラシがおすすめです!

 

 

ペン入れの線を消すように塗り込むのがコツです。

こうすることで、線という概念が消えて、リアルな質感が生まれます。

 

このようにひたすら塗り込みます。

 

 

 

 

服の縦のラインはめんどくさくて諦めました(^◇^;)

塗りつぶして白シャツになりました。

 

塗りのコツとしては、あまり「黒」をつかわないと鮮やかな絵になります。

彩度を高く、影にも黒はあまり混ぜない、使わないようにしてます。

せっかくの絵なので、実際の色とは違ったとしても、鮮やかで綺麗な色を使うようにしましょう!

 

ということで、納得いくまで塗りこんだら完成!

 

7、完成!

 

 

 

もうちょっと可愛く描けばよかったとちょっと反省しています(^◇^;)

すみません・・

 

今後も検証して、より良い描き方を模索していこうと思います!

ユーチューブチャンネル「群馬くんのイラスト講座」ぜひチャンネル登録よろしくお願いいたします!

「群馬くんのイラスト講座!」

 

最後までみていただきありがとうございました!