どうも!イトウデザイン代表似顔絵イラストレーターの群馬くんです。

何度か画材の紹介はしていたと思いますが、具体的な名前や購入先は紹介してなかった気がしますので、

今回は、僕が仕事で実際に使っている画材や機材を具体的にご紹介します!

 

参考にしてみてください!

まずは手描きの画材をご紹介です。

サイン色紙

サイン色紙は表面がツルツルの色紙で、ペン入れは筆が滑るように描きやすですが、水含みが悪いので、一度全体に水を塗り、水を染み込ませてから色を塗るという技法で描かなければなりません。画用紙の技法と同じなので、画用紙から色紙に変えようという人はこちらが使い易いかもです。僕もずっとこれだけを使ってきましたが、最近奉書に変えたので、サイン色紙は結婚披露宴の似顔絵演出やイベントの白黒の作画のときのみ使用しています。
変えた奉書の色紙は、知り合いからしか買えないという特殊なものなので、こちらにはアップできません^^;
とりあえずネットで買えるものだけご紹介します!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サイン用色紙 無地(50枚入り)
価格:2350円(税込、送料別) (2018/1/15時点)

この色紙を使って描いた動画があったので、よかったら参考にこちら!

 

筆ペン

似顔絵師の筆ペンといえばこれ!ぺんてる 筆ペン 墨液ぺんてる筆 XFP6L 中字 黒
毛先の腰が強く、インクも顔料インクといって乾くのが早く、乾いた後は水に溶けない優れものです!いつもこれを束のように仕入れて持ってます。

 

練り消しゴム

バニーコルアート イージークリーナーを使ってます。
練り消しも探せばもっと安いのありますが、一番綺麗に消しやすい!
安いのだと、ざらついて粉がでることがありますが、これはそんなことはまったくなく、キメが細かくて腰があって素晴らしいです。

 

水彩筆

ぺんてる 絵筆 ネオセーブル XZBNF-18 平筆18号
これをデビューしてからずっとつかってます!
安いのに筆がしっかりしていて、永遠とつかえるんじゃないかってくらい丈夫です。
これを肌&背景などの明るい塗り用と、髪の毛などの濃い色用の2本あれば十分描けます。

でも最近色紙を奉書にして、水含みがある筆で一気に塗る必要が出てきたので、こちらの
ブラックリセーブル 700F No.18
という筆もつかってます。少し高めではありますが、水含みがすごくいいので、
これを愛用してる似顔絵作家も多いです。

 

 

と!
とりあえずここまでで、後は水彩絵の具の種類なんかもあとで更新しようとおもいます!

具体的な画材の種類をのせるのは、参考になるとおもいます。

ぼくも人の画材を研究するの大好きですので。

今後はさらに、デジタル作業環境や、動画撮影の方法なんかも紹介していきたいとおもいます。

お楽しみに!( ^∀^)