スポンサードリンク




どうも!名古屋を中心に活動しております。

似顔絵イラストレーターの群馬くんです。

久しぶりに似顔絵の描き方講座!

今回は初!ユーチューブ動画にしてみました!

なんと説明は全くありません!笑

まず動画を御覧くださいm(_ _)m

 

見ていただけましたでしょうか?

見て面白いと思っていただけたら嬉しいですが、正直解説がないとよくわからないですよね^_^;

動画制作初心者なので、まだ動画内での解説は難しくできませんでした^_^;

今後に期待してください!

今回はブログで解説します!

★群馬くんの似顔絵講座!加藤諒さんを描いてみた編

1、丸と十字線を描きます。
丸は、紙の中にどんな感じで収めたいのか、把握するために描きます。
これを描かないで顔のパーツから描いてしまうと、結果、色紙に収まらなくなっちゃった!ということになりかねません。
まずは丸で大きさを決め、十字線で顔の向きを決めるのが、最初の作業です。

%ef%bc%91%e7%be%a4%e9%a6%ac%e3%81%8f%e3%82%93%e3%81%ae%e4%bc%bc%e9%a1%94%e7%b5%b5%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%88%e5%8a%a0%e8%97%a4%e8%ab%92%e7%b7%a8%ef%bc%89

 

 

2、顔のパーツを描いていきます
通常は鼻、口、目、眉毛、のような順で、顔のパーツを描いていきますが、
今回の加藤諒さんの特徴的な眉毛につられて、眉毛から描いてしまいました。
特徴から描いちゃうというのも、似せるポイントかもしれません。
ちゃんと、この人はどこが一番の特徴なのか、それを表現できるように意識しましょう!

加藤諒さんは特徴だらけなのですが、僕は一番に眉毛、二番目に口、三番目に鼻、四番目に髪型 だと思いました。
順序をつけて、特徴を強調しないと、全部大きく描いてもバランスがおかしくなります。

%ef%bc%92%e7%be%a4%e9%a6%ac%e3%81%8f%e3%82%93%e3%81%ae%e4%bc%bc%e9%a1%94%e7%b5%b5%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%88%e5%8a%a0%e8%97%a4%e8%ab%92%e7%b7%a8%ef%bc%89

 

3、ラフ出来ました!
顔の内側からちゃんと描いて行って、段々と、輪郭、髪型、体、と外側を描いていきます。
なぜかというと、顔のパーツのバランスに合わせて、輪郭や頭を描いた方が、バランスが整いやすいからです。
輪郭から決めてしまうと、顔のパーツが少し大きくなってしまった場合、再度調整しなければなりません。

%ef%bc%93%e7%be%a4%e9%a6%ac%e3%81%8f%e3%82%93%e3%81%ae%e4%bc%bc%e9%a1%94%e7%b5%b5%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%88%e5%8a%a0%e8%97%a4%e8%ab%92%e7%b7%a8%ef%bc%89

 

4、ペン入れ!
左目からペン入れしていきます。
なぜかというと、目は筆ペンのインクを多く使う為、乾きにくいんです。
なので、右目から描いた場合、左目を描こうとすると、手が左目に当たって擦れてしまいます。
せっかく描いても、汚くなってしまいます。
なので、左目、右目と順番に描きます。僕は右利きなので、左利きの人は逆ですね!
そして、この辺の細かい部分は人それぞれなので、頑張ってマネする必要は正直ありません^_^;

%ef%bc%94%e7%be%a4%e9%a6%ac%e3%81%8f%e3%82%93%e3%81%ae%e4%bc%bc%e9%a1%94%e7%b5%b5%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%88%e5%8a%a0%e8%97%a4%e8%ab%92%e7%b7%a8%ef%bc%89

 

5、顔のパーツからペン入れ
下書きの段階でもそうでしたが、ペン入れも、顔の内側から外側に調整しながら描いていきます。
下書きは、あくまで目安なので、ペン入れするときに「ここはもうちょっとこうだったな」と思ったら、
躊躇なく、思った線でペン入れしちゃいましょう。
慣れてくると、ラフをちゃんと書かなくてもペン入れできるようになります。
結局消してしまう下書きなので、あまりここで労力を使わない方が良いです。

%ef%bc%95%e7%be%a4%e9%a6%ac%e3%81%8f%e3%82%93%e3%81%ae%e4%bc%bc%e9%a1%94%e7%b5%b5%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%88%e5%8a%a0%e8%97%a4%e8%ab%92%e7%b7%a8%ef%bc%89

 

6、顔のパーツに合わせて輪郭をペン入れ
顔のパーツに合わせて、調整しながら輪郭、前髪を描いていきます。

%ef%bc%96%e7%be%a4%e9%a6%ac%e3%81%8f%e3%82%93%e3%81%ae%e4%bc%bc%e9%a1%94%e7%b5%b5%e8%ac%9b%e5%ba%a7%ef%bc%88%e5%8a%a0%e8%97%a4%e8%ab%92%e7%b7%a8%ef%bc%89

どうしても編集が落ちてしまうので、一旦ここで終了します。
次の記事に乞うご期待!m(_ _)m

 


スポンサードリンク